• メニュー
  • コンタクト
  • メガネ
  • 店舗情報
  • クーポン

対策1 早めの眼科受診を

早めの眼科受診で花粉症の初期療法を

花粉症は悪化してから治療を始めると、薬は効きづらく症状もなかなかよくなりません。
最近では、花粉が飛散する約2週間前から点眼や内服を始める初期療法が推奨されています。
初期療法を始めることで、ピーク時の大幅な症状軽減が期待できます!
目に症状が出る前に早めに眼科を受診しましょう。

初期療法のメリット

初期療法により症状が出る時期を遅らせ、花粉シーズン中のつらい症状を軽くし、また症状の終了を早めることができます。

初期療法を行うと花粉シーズン中の症状が軽くなる
本当に花粉症!?
まずは眼科でアレルギー検査を!

花粉症と似た症状があっても、花粉症かどうかは検査するまでわかりません。
まずは、自分が何のアレルギーなのか抗原(原因)を特定することで、より高い治療効果が期待できます。自己判断せずに、必ず医師に診察してもらいましょう。また、花粉症で耳鼻科にかかる方も多いかと思いますが、当店舗に隣接している眼科では、点鼻薬や内服薬もご案内しています。また当日に検査結果がわかるアレルギー検査も行っています。(※一部実施していない眼科もございます。)詳しくは眼科の受付スタッフへお声がけください。

今、メルマガに登録すると1日使い捨てタイプのコンタクトレンズがお得に!
  • 花粉対策特集のTOPのへ戻る
  • ページのTOPののへ戻る